ネットオークションでものを売った体験談

ネットオークションでものを売った体験談

今までは不要になった物は

今までは不要になった物は、捨てるか、誰かにあげると言うのが普通でした。

でも、ネットオークションを利用するようになってからは、捨てるようなモノでも売れると言うことが分かったのです。

要らないモノでもお金になるし、エコにも繋がるので、素晴らしいシステムだと思います。これまでにオークションで売った物と言えば、好みが変わって着なくなった洋服や、使わなくなったバッグなど、私にとっては不用品ばかりです。

これはさすがに売れないだろうと思って出品した洋服でも、数百円で売れた事も有りました。
若い頃に着ていた派手なアロハシャツも、300円で落札されたのです。
オークションを利用している人の中には、欲しいと思う人が必ず居るものです。

この間も、壊れて動かなくなったデジカメも出品しました。
ジャンク品として出したのですが、それも見事に落札されたのです。
壊れているのに、何に使うのか?疑問に思い、落札者の方に聞いてみましたが、どうやら部品取りに使うようです。
本来ならゴミ同然の物でもオークションには、有効活用してくれる人が居るものです。

ネットオークションで物を初めて売った時

ネットオークションで物を初めて売った時、嬉しい気持ちと不安な気持ちが入り乱れました。

まず、嬉しい気持ちというのは、単純に売れて良かったという思いです。
物を売りたいと思って、ネットオークションを利用したのは儲けたいからです。
そのため、とりあえず買ってくれる人がいただけでも、嬉しく感じられました。

続いて不安に感じた点は、ちゃんと成立するかどうかという点です。
ネットオークションなので、顔の見えない相手に物を売るわけですから、商品をちゃんと相手に届けることができるのか、入金はきちんとなされるのか、その点が不安でした。

場合によっては、入金してもらえないというトラブルもよく耳にすることがあったので、そんな不安もあったのです。

でも、相手がとてもいい人だったので、ちゃんと入金確認ができてから物を送ることができました。
そして、商品を確かに受け取ったという。確認とお礼の連絡もちゃんと来たのです。

ここまでやって、初めて本当の意味で嬉しく感じられました。